Press "Enter" to skip to content

当然、世界を感じる仙台のママ活

私には正義の人格があります。
社内では「THEおとこじゅ」と呼ばれています。
男のように感じたプロ野球選手が2人いた。

宮城・仙台でママ活できそうな女性

どちらも幼い頃に天国に向かった。
一人目は江川卓ドラフト事件でジャイアンツからタイガースに感電でトレードされた小林繁。
その年、小林繁はジャイアンツを8-0で破った。
(競争の世界!絶対にソンタクはありません。)
仙台のママ活
2つ目はフレームストッパーです!鯉の津田恒実です。
ジャイアンツ4位の原辰徳の手首を折った。原辰徳は中央から少し外側から真っ直ぐにフルスイングし、ボールをバットにぶつけた瞬間、手首を骨折した。
魂だらけのボールを投げていました!
激しいいじめを乗り越えた主人公

「少林寺拳法卒業」仙台のママ活
この記事で述べたように、私は先天性股関節形成不全を患っていました。
私は3歳になるまで寝たきりで歩行器に乗っていました。

要するに、それはクレイジーでした!
そして、大学2年生の時に和歌山県串本町から当時神戸最悪と言われていた長田区に転校しました。

編入生が目立ちます。当然、いじめの対象です。
仙台のママ活

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です