Press "Enter" to skip to content

仙台の出会いは心の中にあった

仙台の出会い姉とパラシュートで遊んだ。

白い姉妹のパラシュートが青い空を飛んだ。

姉が落下したパラシュートを拾い上げて、
仙台の出会い、遠く、彼はパラシュートを投げ続けました。

それから、奇妙なことに、それは今まで千尋の心の中にあった

仙台 出会い

悲しみと決心は消えていった。

秋の澄んだ空気の中、その瞬間から心地よい風に運ばれて……

青い空から地面に目を動かすと、紅葉が見えます。

また、木の上に立っている鳥を見ることができます。さえずりが聞こえます。

「ちひろくん、もう言わないで。」

仙台の出会いは一広の貧しい生活環境も知っていました。

姉と遊んだのはそれが最後だった。

秋の午後、大会社の近くで仕事が終わるかもしれません。

その時、千尋はいつも空を見て、その白いパラシュートを探します。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です