Press "Enter" to skip to content

母の日に宮城で出会いたい

日本では昭和初期の父の誕生日を「母の日」としましたが、戦後は米国の次の日でした。

カーネーションは「母の日」の宮城で出会いに母性愛の象徴として認識され、赤いカーネーションの花言葉は「母の愛、真実の愛」、天の母親に提示される白いカーネーションは「私の愛が生きている」世界、私は行った。

宮城で出会い科ナデシコ属のカーネーションは、地中海沿岸から西アジア地域の起源であると言われているため、涼しく乾燥した気候に適しているため、日本では種子や開拓地をつくることは難しい花屋で上げるよりもいつでも買うことができるおなじみの切り花がカットされるのが一般的な印象です。

家庭栽培で繁殖が進むにつれて、青と紫のようなバリエーションが豊富で、ミニサイズの鉢植えが出てきます。

ちなみに、宮城で出会いは日本のカーネーション生産100周年を記念した年です。

甘い香りや香辛料成分を含むカーネーションは古くから香料原料やハーブとして使われてきました。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です