Press "Enter" to skip to content

美しい瞬間があった仙台の割り切り

“私は行きます”。朝、いつものように家を出たばかりの娘は、

ベッドで人工呼吸を受けていました。彼女が輸送先の病院に急いだ瞬間、母親(59)は腰から倒れました。涙が娘の目に浮かんでいた。

練習新体操クラブで練習して帰国した後、私はリビングルームで片足を上げて振り向いた。 “見て、見て”。私の父(61)は、彼の美しい姿を決して忘れることはできません。仙台の割り切り

「娘が私の目の前の大きな病院に連れて行かれたら助かりませんか?」そのような考えは私の母の頭で行き来した。私は夫と一緒に精神科に行き、安定剤を飲んだ。

花一番下の家族を救ったのは事故現場に捧げられた花でした

———————————–仙台の出会い掲示板
事故から4年後の2003年、彼の両親は東北大学病院に呼ばれました。

病院長のオフィスで、彼はお辞儀をしました。「ごめんなさい、助けられませんでした」と前年の病院長であった山田は言いました。山田を含む3人の目から涙があふれました。仙台の割り切り

病院長としての山田の最優先事項は、救急医療を強化することでした。彼は癌の放射線療法を専門としていましたが、事故現場で花が絶えず取り扱われているのを見て、記念碑を建てることに決めました。仙台の出会い掲示板

2004年4月の除幕式で、山田は「救急医療に対する東北大学の取り組みを示している」と述べた。 「反応できなかった私の前に落ちた人に向かってh。ここで、ヘルスケアの専門家は、自分の反射が彼の心に残ることを望んでいます。

2006年には、80人以上の患者がヘリコプターで東日本大震災の際に病院に開設された高度救命救急センターに運ばれ、多くの命が救われました。少女たちが生きてから16年が経ちました。仙台の割り切り

母は言います。 「これを実現させたのは私の娘でした。今、彼女は彼女がこのために生まれたと確信しています。」
少女は大会社で4歳です。

クラスで人気

子朝の式典の前に子供は走って、手に新聞を持って会社に来ました

仙台の出会い掲示板そして叫んだ仙台の割り切り

[みんなに聞いて、私は新聞に載っています!新聞などで!新聞に載っていました! ]

仙台の割り切り

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です